【相談無料】千葉で債務整理経験豊富な弁護士なら【千葉】債務整理相談室

千葉債務整理相談室

運営:弁護士法人心柏駅法律事務所
〒277-0005 千葉県柏市柏4-2-1 リーフスクエア柏ビル3F

任意整理 個人再生 自己破産 過払い金
千葉

債務整理相談室

運営:弁護士法人心柏駅法律事務所

0120-155-032 お問い合わせ

受付時間:平日:9時~21時 / 土日祝:9時~18時 
12月31日~1月3日は除く。また大型連休中の休業や臨時休業もございます。

学生ができる債務整理は限られている

【千葉】債務整理相談室TOP >  債務整理 >  学生でも債務整理できる?

学生ができる債務整理は限られている

  • 「学生だけど債務整理で借金をなんとかできる?」
  • 「債務整理で就職活動に影響出てしまう?」

学生や未成年であってもカード会社からの借り入れや、各種ローンを組むこともできますので、返済の問題を抱えている若者も存在します。

この場合、債務整理が原因で就職活動に影響が出てしまうのか、奨学金の保証人問題など親に迷惑がかかってしまうのか心配になるでしょう。

この記事では、学生でまた未成年と成人の場合の違いなど、両面から債務整理について知識を得ていきましょう。

学生や未成年の借金

一般のカード会社(クレジットカード・消費者金融・銀行)でも学生のために学生ローンや留学、旅行ローンなどプロモーションも見かけますし、もちろんクレジットカードも作れ、各種ローンや信販会社系も可能です。

その他の教育ローンなどは、親や親類が名義での契約となるため、学生本人の借金になることは体裁上ありませんが、生活費や大学生活の交遊費をバイトで稼ぎながらやりくりしている場合には、気づけば返済が追いつかなくなっているケースも多数です。

債務整理は親に迷惑がかかる?

親に借金がバレるかどうかは、親御さんがあなたの借金の連帯保証人になっているかどうかです。

奨学金であればほとんどの場合で親が連帯保証人になっているでしょう。

あなたに支払い能力がないとされると、貸し元からの督促が親に行くようになりますので、必然的にわかってしまいますね。

どうしても親に知られたくない場合は、あなたが長く滞納を繰り返す前に弁護士へ債務整理を相談するのが良いでしょう。

もし弁護士に債務整理を依頼することに決まると、あなたとカード会社との間に弁護士が介入することになりますので、それ以降カード会社からのやりとりは弁護士に届くようになるため知られてしまう可能性は低くなるでしょう。

とはいえ、未成年の場合はまず親に相談することです。

未成年の債務整理

未成年であっても代表的な債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)は、手続きすることは可能です。

ただし、個人再生は、申し立てした者自身の返済能力が要求されます。

学生起業家など事業を持って本業並みにまとまった収入があるなど、高い返済能力があるのであれば認められなくもないですが、通常の学生アルバイトの場合は認められにくいでしょう。

個人再生の認可基準は、個人再生後に減額された額を返済していけそうかどうかです。

それでも未成年の借金は、親が保証人になっていることも多く、親が滞納の事実を知った時に代理返済したり、借金契約を取り消したりなどと任意整理まで至らないケースも多いです。

一方で、未成年が任意整理する場合は、和解契約を結ぶ際に法定代理人として親の同意を必要とします。

学生の個人再生

学生の借金は限度がありますし、金額もさほど大きくならないため、債務整理することになっても任意整理で解決することがほとんどです。

個人再生や自己破産は、数百万以上の借金でなければ適用されません。

就職活動への影響

学生の借金問題でよくある質問が、借金があることや債務整理の経験が就職活動で不利にならないか?という心配です。

債務整理すると、信用情報機関に金融事故者として登録されることになります。(ブラックリストと呼ばれたりするものです)

ブラックリストに載るとカードを作ることはできなくなり、各種ローンを組むことができません。加えて、スマートフォンなど通信機器を分割で通信料金に上乗せで払う形式である“割賦払い”の審査も通らなくなるでしょう。

これらのことがひょんなことから漏れない限り、就職活動先に知られてしまうことはありませんし、債務整理の事実があるか就職先が調べることもありませんので安心しましょう。

ただし、自己破産の手続き期間中に就くことができない業種や、債務整理経験者を採用しないと基準で決めている分野もあるのでそこは注意が必要です。

特に金融業界への就職は、金銭的な信頼に重きをおく職業ですし、債務整理した人を採用しないなど採用基準に設けている会社もあるので確認が必要でしょう。

金融関係の業種は、ブラックリストを閲覧することができるため、あなたに登録があることがわかってしまうと採用を控えてしまうケースも考えられます。

まとめ

  • 未成年でも債務整理できるが親の保証人下のため債務整理に至らないケースが多い
  • 未成年の任意整理には親の承諾が必要
  • 学生の通常のアルバイトほどの収入では債務整理は限られる
  • 債務整理が就職活動に及ぼす影響は基本的にないが金融関係は採用基準による
  • 債務整理手続き期間中に就くことができない業種がある

【千葉】債務整理相談室では
無料相談実施中!!

債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)の無料相談・ご依頼は以下よりお電話・メールにて承っております。メールの場合は24時間受けつけておりますので、お気軽にご利用ください。

電話受付は下の番号をクリック

0120-155-032

受付時間 平日 :9~21時
土日祝:9~18時
※夜間・土日祝相談可
定休日 12月31日~1月3日
※また、大型連休中の休業や臨時休業もございますので、詳細は心グループニュースをご覧ください。
住 所 〒277-0005 千葉県柏市柏4-2-1 リーフスクエア柏ビル3F

関連記事

債務整理の基礎知識

メニュー

債務整理

任意整理

個人再生

自己破産

過払い金

地方裁判所

運営事務所

弁護士法人心柏駅法律事務所
〒277-0005
千葉県柏市柏4-2-1
リーフスクエア柏ビル3F

受付時間:平日:9~21時 / 土日祝:9時~18時 
※12月31日~1月3日は除く。また,大型連休中の休業や臨時休業もございます。

© 2020 【千葉】債務整理相談室
弁護士法人心(千葉県弁護士会所属) 代表弁護士 西尾有司