千葉

債務整理相談室

運営:弁護士法人心柏駅法律事務所

0120-155-032 お問い合わせ

受付時間:平日:9時~21時 / 土日祝:9時~18時 
12月31日~1月3日は除く。また大型連休中の休業や臨時休業もございます。

法テラスとは何かを分かりやすく解説

【千葉】債務整理相談室TOP >  債務整理 >  法テラスって何?

法テラスとは何かを分かりやすく解説

  • 「法テラスを利用できる条件ってどんなこと?」
  • 「法に関する質問を何回も問い合わせていいの?」

法律に関わることや、士業関係の事務所に相談することって少し敷居が高く思う人や、厳格そうでちょっとキツイ対応をされるんじゃないかと思う人もいるかもしれません。

法テラスは、一個人のための法的トラブル解消のために設立されたものですので、もっと活用できることを知って必要な時に思い出せるようしておきましょう。

法テラスの基本情報

法テラスとは、金融トラブルだけに関わらず法的全般について国民向けの法的支援を行う機関として設立されており、正式名称は「日本司法支援センター」と言います。

国民がもっと一般的に情報やサービスを受けられて、法的トラブルを解決していける社会の実現が、理念として掲げられています。

法テラスが提供するサービスは、国・公共団体・弁護士会と連携して、国民が法律相談をしやすくすることを目的に全国各地に展開され相談窓口を開設しています。

また、司法書士や弁護士が法テラスと契約することは業界において必ずではなくて、任意となります。これは、何かの会員登録をするのと同一のことで、弁護士や事務所の意思で法テラスに登録しているということなのです。

支援する業務内容

■情報提供相談窓口
全国各地にあり法的なトラブルについて相談することができます。
相談内容によっては、案件に適した機関や弁護士を紹介してもらえます。
何から手をつけて良いかわからない場合も駆け込み寺となり、無料で情報提供を受けることができます。

■民事法律扶助
専門家に依頼して法的トラブルを解決する費用が現時点で出せない人でも、弁護士や他士業に依頼する費用の立て替えを行う部門で、あなたは分割返済を組むことができます。生活保護者は規定に沿って全額免除される場合もあります。

サービスが受けられる対象者は、日本国民個人と国内に住所があり合法在留外国人個人のみです。(法人や組合団体などは対象外です)

■犯罪被害者支援
犯罪被害者やその家族のための専門機関の紹介や情報提供、弁護士が必要な場合の紹介業務などです。

■国選弁護人関連業務
刑事事件での被害者になった時の一連の支援を行います。また被告人となった時でも同様です。

■過疎地の司法支援
法律の専門家が少ないエリアでも法律支援が利用できるためのものです。

利用にあたっての前提条件は?

法テラスは、費用の面で弁護士に依頼するのが無理な人が対象の支援機関ですので、国民なら誰でもいつでもということではありません。

①収入が一定額を下回っている人
②勝訴の見込みがゼロではない人

詳細に関して挙げると、

①については、1世帯で1人の場合18万2千円以下の手取り月収であること、同居家族が1名増加する毎に3.3万円加算可能。資産に関しては、1人180万円以下の場合。

②については、報復感情での露出などが目的の場合は利用できません。(相談内容や請求が妥当で、勝訴の見込みが全くないわけではないケースで利用可能。)

これらの条件下で、無料の法律相談は3回までとなります。

対応する弁護士を選ぶことはできませんが、3回の中で対応する弁護士が交代していきますので、相性の良し悪しは確かめられるでしょう。

条件をクリアした上での依頼費用目安は?

弁護士依頼費用の大まかな内訳は、着手金・書類代行作成料・実費・報酬などです。機関外で通常に依頼する弁護士費用よりは、低額に設定されており、報酬基準額に沿った見積もりです。

おおよそ、

実費・・・2-3万円台
着手・・・10-20万円台

これらに訴訟の請求額により報酬が加わってきます。債務整理などの書類作成などは、カード会社1件につき2万円弱が目安でしょう。

法テラスを使用できるかどうかの審査は長いのか

法テラスを利用するのに収入制限があるならば、その規定収入が確認され審査が承認されるまでは、法的手続きの着手を進めてくれないのか?と、心配になる方がいらっしゃるかも知れません。

先に、「無料の個別相談は3回までで、その中から弁護士を選ぶ」とありましたが、依頼された弁護士は、通常であれば困った相談者を前に、早く対処しようとするものです。

法テラス利用の契約が済まない限り、手続き着手に踏み込んではならないという規則は存在していません。よって、弁護士の私見に委ねられますが、もしも心配でしたらば個別相談時にすぐに着手してもらえるものなのか?聞いてしまって弁護士を選んでいいと思います。

もしあなたが、借金を滞納してしまっていて、カード会社の過剰な督促に困っている場合、「弁護士に相談中ですので弁護士から連絡が入ります」と、債権者(カード会社)に伝えても一時的に督促をストップさせることができるでしょう。その場合、あまり間を置かずに、実際の手続き着手をすることをおすすめします。

実際に法テラスを利用する

まずは、電話やメールで問い合わせをするのが良いです。実際に窓口に出向く前に連絡した方が効率的ではありますが、直接訪問しても利用できます。

✔︎トラブルに見舞われ困ったことに・・
✔︎法律が関わる手続きが難解
✔︎わからない言葉が多い・・

など、どうやって解決したらいいか困った場合には活用しましょう。

一方で、法テラス機関外で先に依頼したい弁護士をみつけている場合は、法テラスを利用したい旨を弁護士に伝えて、可能となれば法テラス経由の手続きにすることができます。また、最初から法テラスで、登録弁護士に依頼する場合には、常駐している弁護士と登録している弁護士情報から自動的に充てられて依頼することになります

注意したいことは、コールセンターで弁護士をすぐに紹介するサービスではない点です。まずは相談ベースで利用しましょう。

また、法テラス機関外で法テラス対応とサイトなどで明記している弁護士に依頼するのもてです。

外国語対応もしてる?

外国語での対応をご希望の方は、お電話で通訳を介して日本の法制度や相談窓口をご案内します。

対応の外国語は、英語・中国語・韓国語・スペイン語・ポルトガル語・ベトナム語・フィリピン(タガログ)語に対応しています。(電話0570-078-377)

まとめ

  • 法的トラブル全般について国民の法的支援を行う目的の機関
  • 現在に一定額を下回る収入や資産制限があり規定内の人が利用できる
  • 日本国民か住所を日本においている合法在留外国人のみが利用可能
  • 法人や団体、組合は利用対象外
  • 勝訴の見込みが全くないケースには利用できない
  • 無料相談は3回まで(弁護士が交代)
  • 一般の弁護士依頼費用よりは低額に抑えられている
  • 通常は法テラスに常駐や登録している弁護士から自動的に充てられる
  • 注意点はコールセンターで弁護士をすぐに紹介するものではない

【千葉】債務整理相談室では
無料相談実施中!!

債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)の無料相談・ご依頼は以下よりお電話・メールにて承っております。メールの場合は24時間受けつけておりますので、お気軽にご利用ください。

電話受付は下の番号をクリック

0120-155-032

受付時間 平日 :9~21時
土日祝:9~18時
※夜間・土日祝相談可
定休日 12月31日~1月3日
※また、大型連休中の休業や臨時休業もございますので、詳細は心グループニュースをご覧ください。
住 所 〒277-0005 千葉県柏市柏4-2-1 リーフスクエア柏ビル3F

メニュー

債務整理

任意整理

個人再生

自己破産

過払い金

地方裁判所

運営事務所

弁護士法人心柏駅法律事務所
〒277-0005
千葉県柏市柏4-2-1
リーフスクエア柏ビル3F

受付時間:平日:9~21時 / 土日祝:9時~18時 
※12月31日~1月3日は除く。また,大型連休中の休業や臨時休業もございます。

© 2020 【千葉】債務整理相談室
弁護士法人心(千葉県弁護士会所属) 代表弁護士 西尾有司