【相談無料】千葉で債務整理経験豊富な弁護士なら【千葉】債務整理相談室

千葉債務整理相談室

運営:弁護士法人心柏法律事務所
〒277-0005 千葉県柏市柏4-2-1 リーフスクエア柏ビル3F

任意整理 個人再生 自己破産 過払い金
千葉

債務整理相談室

運営:弁護士法人心柏法律事務所

0120-155-032 お問い合わせ

受付時間:平日:9時~21時 / 土日祝:9時~18時 
12月31日~1月3日は除く。また大型連休中の休業や臨時休業もございます。

【千葉】債務整理相談室TOP >  債務整理 >  債務整理で遅延損害金を免除できる?

遅延損害金は債務整理で解決できる?

  • 「債務整理すると遅延損害金は免除される?」
  • 「遅延損害金が免除される債務整理とは?」

借金の返済が滞った際には、お金を借りた債権者(クレジットカード会社・消費者金融・銀行などの貸金業者)に遅延損害金という罰金を支払う必要があります。

遅延損害金は借金の返済を滞納した日数に応じて借金に上乗せされるため、放置すると金額がどんどん大きくなり非常に厄介です。

また、「遅延損害金は債務整理しても免除されない……」と思っている方もたくさんいらっしゃいます。

でも、安心してください。債務整理すれば遅延損害金の支払いも免除されますので、借金問題を解決して新たな人生の第一歩を踏み出すことができるでしょう。

遅延損害金の利率や発生期間

まず、そもそも遅延損害金とは何なのか確認しておきましょう。

遅延損害金とは

遅延損害金とは、文字通り「借金の返済が滞った際、債権者に支払う罰金」のことです。

業者によっては、「延滞利息」と呼ぶケースもあります。

とはいえ、遅延損害金と利息は、法律上はまったく性質が異なるものです。

確かに遅延損害金も借金の返済が延滞した日数に応じて加算されるため、利息と同じようなものと思われるかもしれません。しかし、利息はお金を貸した債権者と、借りる側である顧客との契約によって発生するものです。

いっぽう、遅延損害金は借金の返済義務を怠ったことに対するペナルティになります。

つまり、債権者に不利益を与えた対価として、遅延損害金を支払う義務が発生するわけです。

遅延損害金の利率

遅延損害金の利率は、お金を借りた相手との合意によって決められますが、その際には利息制限法(貸金業を行う業者が遵守する法律)の上限利率に従う必要があります。

知人や友人といった個人間の貸し借りの場合、利息の1.46倍までの遅延損害金が法的に認められています。

いっぽう、クレジットカード会社や消費者金融、銀行などの「営業的消費貸借」の場合には、遅延損害金の上限は20%/年です。

そのため、一般的な貸金業者が定める遅延損害金の利息は20%/年になっている場合が一般的となっています。

遅延損害金が発生する期間

遅延損害金は、実際に借金の返済を滞納している日数分のみ発生します。つまり、借金の返済日翌日から実際に借金の返済を行った日まで、日割りで算出されるのです。

なお、遅延損害金を算出するための計算式は、

「返済額 × 遅延損害金の利率 ÷365日 × 延滞日数」

となっています。

たとえば、30万円の借金をしている方が2ヶ月返済を滞納した場合、遅延損害金の利率が年間で20%だとすると、年間の遅延損害金は、

「30万円 ×20% =6万」

となるため、これを日割りすると

「5万4,000円 ÷365日 ×60日 ≒1万円」

になります。したがって、約1万円の遅延損害金を支払う必要があるのです。

債務整理で遅延損害金は免除されるのか

では、任意整理、個人再生、自己破産という代表的な債務整理を行うことで、遅延損害金がどうなるのか説明します。

任意整理における遅延損害金の扱い

任意整理とは、裁判所を介さず債権者に任意の交渉に応じてもらうことで、将来的に発生する利息と遅延損害金をカットして、残った借金の元本を3年~5年の分割払いにしてもらうよう合意する債務整理です。

たとえば、消費者金融などから借りた200万円の借金(年利18%)を3年(36回)で返済しようとすると、

・毎月の返済額:72,305円
・利息:602,972円
・支払い総額:2,602,972円

となるのですが、これを任意整理して3年間で完済しようとすると、

・毎月の返済額:約55,556円
・利息:0円
・返済総額 :2,000,000円

という結果になるため、毎月の返済額と利息を大幅に下げることが可能です。さらに、債権者が5年返済(60回)で合意してくれた場合には、

・毎月の返済額:約33,333円
・返済総額 :2,000,000円
・利息:0円

となり、さらに負担を下げることができます。このように毎月の返済負担が大きく下がる点が、任意整理のメリットといえるのです。

個人再生

個人再生とは、裁判所に申し立てすることで借金を1/5~1/10程度まで減額してもらい、その残りを原則3年間(最大で5年間)で返済できれば完済扱いにしてもらえる債務整理です。

また、個人再生には「住宅ローン特則」という、借金を減額してもらいつつ住宅ローンが残った持ち家を手元に残せる制度も利用できます。

たとえば、1,000万円の借金であれば最大で1/5の200万円、3,000万円の借金であれば最大で1/10の300万円まで減額してもらえる可能性があります。

ただし、申立人の保有する財産や収入状態によっては、減額率が下がる場合もあるため注意が必要です。

また、このとき住宅ローン特則を利用している方は、減額した借金と住宅ローンを平行して返済していく必要があります。

なお、個人再生においては、遅延損害金は減免(負担を軽くしたり免除したりすること)対象です

したがって、遅延損害金を含め債務整理することができます。

自己破産

自己破産とは、破産と免責という2つの手続きを行うことで、債務者の財産を清算する代わりに借金の返済を免除してもらう債務整理です。

したがって、自己破産では、遅延損害金も含めて支払いが免除されることになります。

ただし、持ち家や車といった財産のほとんどを失うデメリットがあることも忘れないようにしましょう。

債務整理は弁護士に依頼するのがベスト

債務整理の手続きは、弁護士にお願いするのが一般的です。

ただし、自分で手続きをすることもできます。

しかしながら、金融のプロフェッショナルであるクレジットカード会社や消費者金融、銀行などと素人が対等に交渉することは、現実的には非常に難しいでしょう。

また、任意整理などでは、債権者がまともに交渉に応じてくれなかったり、希望条件に合う形で合意できなかったりする場合もあり非常にリスキーです。

また、裁判所を介する個人再生や自己破産は、厳格なルールに基づいた複雑な手続きが必要になるため、申立人の負荷が重くなるばかりか、手続きを適正に進めることができなかった場合には、債務整理に失敗する可能性もあるでしょう。

したがって、債務整理して確実に遅延損害金を免除してもらい、借金問題を解決したい方は、弁護士に手続きを依頼するのがベストなのです。

まとめ

  • 債務整理すると遅延損害金の支払いは免除および減免される
  • 任意整理では遅延損害金がカットされる
  • 個人再生では遅延損害金が減免される
  • 自己破産すると遅延損害金を含めた借金の支払いが免除される

【千葉】債務整理相談室では
無料相談実施中!!

債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)の無料相談・ご依頼は以下よりお電話・メールにて承っております。メールの場合は24時間受けつけておりますので、お気軽にご利用ください。

電話受付は下の番号をクリック

0120-155-032

受付時間 平日 :9~21時
土日祝:9~18時
※夜間・土日祝相談可
定休日 12月31日~1月3日
※また、大型連休中の休業や臨時休業もございますので、詳細は心グループニュースをご覧ください。
住 所 〒277-0005 千葉県柏市柏4-2-1 リーフスクエア柏ビル3F

関連記事

債務整理の基礎知識

メニュー

債務整理

任意整理

個人再生

自己破産

過払い金

地方裁判所

運営事務所

弁護士法人心柏法律事務所
〒277-0005
千葉県柏市柏4-2-1
リーフスクエア柏ビル3F

受付時間:平日:9~21時 / 土日祝:9時~18時 
※12月31日~1月3日は除く。また,大型連休中の休業や臨時休業もございます。

© 2020 【千葉】債務整理相談室
弁護士法人心(千葉県弁護士会所属) 代表弁護士 西尾有司