【相談無料】千葉で債務整理経験豊富な弁護士なら【千葉】債務整理相談室

千葉債務整理相談室

運営:弁護士法人心柏法律事務所
〒277-0005 千葉県柏市柏4-2-1 リーフスクエア柏ビル3F

任意整理 個人再生 自己破産 過払い金
千葉

債務整理相談室

運営:弁護士法人心柏法律事務所

0120-155-032 お問い合わせ

受付時間:平日:9時~21時 / 土日祝:9時~18時 
12月31日~1月3日は除く。また大型連休中の休業や臨時休業もございます。

ブラックリストに載るとできなくなること一覧

【千葉】債務整理相談室TOP >  債務整理 >  債務整理で載るブラックリストとは?

ブラックリストに載るとできなくなること一覧

  • 「債務整理をしたらブラックリスト入りしてしまうの?」
  • 「ブラックリスト入りしたら生活にどんな支障が出るの?」

債務整理を行うと、ブラックリスト入りしてしまう≫というようなことは耳にしたことがある人も多いでしょう。

しかし、ブラックリスト入りとは具体的にどういうことなのか、理解できていない人も多いのではないでしょうか。

ブラックリスト入りとは大まかにいえば、クレジットカードの作成やローンの契約時の審査に通りにくくなってしまう状態のことです。

ただし、債務整理によるブラックリスト入りの場合、一定期間をすぎればブラックリストから外れることができます。

本ページでは、ブラックリストの概要とそれによって生活で出る支障についてご説明します。

ブラックリストとは?

「任意整理」「個人再生」「自己破産」などの債務整理をすると、その記録が残っていわゆる「ブラックリスト入り」をしてしまいます。

「ブラックリスト入り」という言葉はよく耳にしますが、実際に債務整理をした人をリストアップしたような「ブラックリスト」というリストが存在するわけではありません。

ここではまず、ブラックリスト入りとはどのような状態のことを指すのかについてご説明します。

個人信用情報に傷がつくこと

ブラックリスト入りとは、簡単にいえば、あなたの個人信用情報に傷がつくことをいいます。

クレジットカードを持っている人や、ローンを契約したことのある人は、信用情報機関にその履歴が残っています。

これを、個人信用情報といいます。

個人信用情報は、各カード会社(クレジットカード会社・消費者金融・銀行)に共有されており、あなたが新しくクレジットカードを作成するときや、ローンを契約するときの審査などに用いられます。

クレジットカードやローンの支払に滞りがなく、債務整理もしていなければ、個人信用情報に傷がないため、多くの場合、審査で弾かれることはありません。

しかし、もしあなたがクレジットカードやローンの支払いを滞らせたり、返済ができなくなって債務整理を行うと、個人信用情報に傷が残ります。

具体的には、支払いを滞らせると「遅延情報」が、債務整理を行うと「事故情報」が記録されます。

これらの記録が残ると、いわゆるブラックリスト入り状態となり、クレジットカードやローンの審査に通らなくなるなど、生活にいくつかの支障がでます。

債務整理のうち、過払い金返還請求だけはブラックリストに入らない

「特定調停」「任意整理」「個人再生」「自己破産」これら4つの債務整理を行った場合、確実にブラックリスト入りしてしまいます。

しかし、「過払い金返還請求」だけは、カード会社側の落ち度による債務整理であるため、ブラックリスト入りしない可能性があります。

過払い金請求がブラックリスト入りするのはどんなとき?

過払い金請求をしても、借金の返済が残る場合は、ブラックリスト入りしてしまいます。

たとえば、現在返済中の借金に過払い金があり、任意整理と同時に過払い金請求を行った結果、借金が0になる場合、ブラックリスト入りしません。

しかし、過払い金を請求して減額しても、借金が残り、返済を続けなければならない場合、ブラックリスト入りしてしまいます。

また、任意整理などと同時並行せず、過払い金請求だけをした場合も、借金が残る場合は自動的に任意整理が行われ、ブラックリスト入りしてしまいます。

また、A社B社と複数のカード会社から借金をしており、そのうちの1つであるA社に対してのみ過払い請求をして、借金が0になった場合は、B者の借金が残っていてもブラックリスト入りしません。

ブラックリスト入りするとできなくなること

借金ができなくなる

ブラックリスト入りすると、カード会社の審査に通らなくなるため、借金ができなくなります。

今まで、借金をすることが当たり前になっていた人は、お金の使い方を見直さざるを得なくなります。

このように、ブラックリスト入りしたことでカード会社から借金ができなくなった人を狙って、闇金業者が借金の勧誘を行ってくることもあります。

ここで、借金をしてしまいますと、かえって借金の状態が悪化しますので、絶対に手を出さないようにしましょう。

クレジットカードの使用・新規作成

債務整理を行うと、クレジットカードが止まってしまい、使用ができなくなります。

また、ブラックリスト入りしているため、新しくクレジットカードを作ろうと思っても、審査に通らないので作成できません。

そのため、ブラックリスト入りしている期間はクレジットカードの利用を諦め、デビットカードやプリペイドカードを使用するか、現金での支払いに統一する必要があります。

今持っているクレジットカードもいずれ使用できなくなる

任意整理の場合には、任意整理する借金やカード会社を自分で選択できます。

そのため、任意整理しなかったカード会社のクレジットカードを任意整理後も手元に残せます。

たしかに、任意整理後しばらくは残したクレジットカードを今までどおり使える可能性があります。

しかし、クレジットカード利用中の顧客の信用情報を定期的に確認する「途上与信」や、クレジットカードの更新に伴う審査の折にあなたがブラックリスト入りしていることがカード会社に知られてしまえば、手元に残したクレジットカードも使用できなくなります。

住宅ローン・自動車ローンなどのローンが組めない

ブラックリスト入りしている間は、住宅ローン・自動車ローンなど、ローンも組めなくなります。

そのため、マイホームや自動車の購入を検討している人、お子さんの教育ローン、仕事に関わるビジネスローンなどを組むことを検討している方は、ブラックリストから外れるまで待つか、ご家族の名義にしてもらうなど工夫しなければなりません。

携帯電話の本体料金など、分割支払ができない

債務整理をしてブラックリスト入りしてしまうと、後払い的なシステムの多くが利用できません。

そのため、携帯電話契約時の本体料金支払いエステや脱毛、楽器などの高級品の購入などの際に、分割支払が設定できません。

高額な商品を購入する際は、現金一括支払いができるよう、お金をためてから購入しましょう。

借金の連帯保証人になれない

債務整理を行い、ブラックリスト入りすると、家族や友人の借金の連帯保証人になることができません。

連帯保証人とは、借金をした本人がお金を返せなくなったとき、借金を肩代わりする人のことです。

連帯保証人になるにも審査が必要なため、ブラックリスト入りしている人は連帯保証人になることができません。

このことで困りやすいのは、お子さんの奨学金です。

お子さんが大学進学の際、奨学金を借りるとしても、ブラックリスト入りしている限り、あなたは連帯保証人になれません。

そのため、他の人に連帯保証人になってもらうか、お子さんに連帯保証人を立てない奨学金を選んでもらうことになります。

不動産賃貸の保証人にはなれる?

ここでよく勘違いされるのが、不動産賃貸の保証人です。

アパートやマンションを借りる際にも保証人が必要ですが、これは借金の連帯保証人とは審査方法が異なります。

そのため、不動産賃貸の保証人であれば、ブラックリスト入りしている人でもなれる可能性があります。

同様の理由で、ブラックリスト入りしている人本人が新たにアパートやマンションを契約することも、原則可能です。

しかし、家賃の支払い方法によっては、支払いに信販会社やカード会社との契約が必要になったり、保証会社が信販会社系だったりして、個人信用情報を閲覧できる会社が審査を行うこともあります。

このような場合は、不動産賃貸の審査であってもブラックリスト入りしていることで審査に弾かれる可能性はあります。

つまり、物件次第ということです。

ブラックリスト入りする期間はどのくらい?

債務整理によるブラックリスト入りは、「特定調停」や「任意整理」の場合5年程度で、「個人再生」「自己破産」の場合5〜10年程度です。

債務整理後、新たにクレジットカードの作成やローンの契約などを検討するときは、自分が本当にブラックリストから外れているのか確認してから行うほうがよいでしょう。

というのも、信用情報機関は事故情報が登録されたり、削除されたりするたびに、あなたに報告をしてくれるわけではありません。

また、信用情報機関では審査に弾かれた履歴も記録しているため、弾かれた履歴が多ければ、事故情報が削除されたあとも「この人は以前に債務整理をしたのではないか」「なにか問題があるのではないか」と疑われ、より審査に通りにくくなります。

自分の個人信用情報の開示は、信用情報機関へインターネットや郵送で問い合わせることができます。

ブラックリストから外れたら、審査に通るの?

晴れてブラックリストから外れても、必ずカード会社の審査に通るとは限りません。

まず、以前に債務整理を行ったことのあるカード会社の場合、個人信用情報のブラック状態とは別に、「社内ブラック情報」として、あなたが債務整理をしたという情報を保持していることがあります。

そのため、ブラックリストから外れても、社内ブラック情報に残っているために審査で弾かれてしまうのです。

社内ブラック情報は基本的に、一定期間が過ぎても削除されることはありません。

そのため、債務整理後に新しくクレジットカードを作るときは、債務整理をしたことがないカード会社を選ぶようにしましょう。

また、ブラックリストから外れても、審査に通ったという実績、正しく利用し、正しく支払っているという実績を積まなければ、しばらくは個人信用情報をつかった審査に通りにくいです。

審査が通りやすいカードを選んで作成するなど、慎重にカードを作成するようにしましょう。

まとめ

  • ブラックリスト入りとは個人信用情報に傷がつくこと
  • ・借金ができない
    ・クレジットカード使用・作成ができない
    ・ローンが組めない
    ・分割支払ができない
    ・借金の連帯保証人になれない

  • ブラックリスト入りする期間
  • ・「特定調停」や「任意整理」の場合5年程度
    ・「個人再生」「自己破産」の場合5〜10年程度
    ・ブラックリストから外れているか確認するためには個人信用情報機関への問い合わせが必要

【千葉】債務整理相談室では
無料相談実施中!!

債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)の無料相談・ご依頼は以下よりお電話・メールにて承っております。メールの場合は24時間受けつけておりますので、お気軽にご利用ください。

電話受付は下の番号をクリック

0120-155-032

受付時間 平日 :9~21時
土日祝:9~18時
※夜間・土日祝相談可
定休日 12月31日~1月3日
※また、大型連休中の休業や臨時休業もございますので、詳細は心グループニュースをご覧ください。
住 所 〒277-0005 千葉県柏市柏4-2-1 リーフスクエア柏ビル3F

関連記事

債務整理の基礎知識

メニュー

債務整理

任意整理

個人再生

自己破産

過払い金

地方裁判所

運営事務所

弁護士法人心柏法律事務所
〒277-0005
千葉県柏市柏4-2-1
リーフスクエア柏ビル3F

受付時間:平日:9~21時 / 土日祝:9時~18時 
※12月31日~1月3日は除く。また,大型連休中の休業や臨時休業もございます。

© 2020 【千葉】債務整理相談室
弁護士法人心(千葉県弁護士会所属) 代表弁護士 西尾有司