【相談無料】千葉で債務整理経験豊富な弁護士なら【千葉】債務整理相談室

千葉債務整理相談室

運営:弁護士法人心柏法律事務所
〒277-0005 千葉県柏市柏4-2-1 リーフスクエア柏ビル3F

任意整理 個人再生 自己破産 過払い金
千葉

債務整理相談室

運営:弁護士法人心柏法律事務所

0120-155-032 お問い合わせ

受付時間:平日:9時~21時 / 土日祝:9時~18時 
12月31日~1月3日は除く。また大型連休中の休業や臨時休業もございます。

借金600万円を任意整理したときの具体的な効果

【千葉】債務整理相談室TOP >  任意整理 >  借金600万円は任意整理でどのくらい減額できる?

借金600万円を任意整理したときの具体的な効果

  • 「借金が600万円で任意整理したらどうなるの?」
  • 「任意整理で月々の返済額ってどのくらい減るの?」

借金の返済が難しくなってきたから任意整理を検討したいけど、任意整理をすると結局どのくらい月々の返済額が減るのかわからない。

具体的にはどのくらい減るのだろうかと思っている人も多いと思います。

ここでは600万円の借金がある場合を例として、任意整理でどのくらい月々の返済額が減るか詳しく説明していきます。

任意整理とは

任意整理とは債務整理の中でも一番利用される債務整理で、カード会社(クレジットカード会社・消費者金融・銀行)と弁護士の間で和解交渉をし、将来利息と返済期間を延長することで月々の返済額を減らすことのできる債務整理です。

任意整理では借金そのもの(元本)を減らすことは出来ませんが、任意整理では今後支払うことになる利息をカットすることが可能です。

利息を意識したことがない人もいるかもしれませんが、利息は借入金額が大きくなればなるほど、そして借入期間が長くなればなるほど大きくなります。

借金が600万円ともなれば利息も高額になりますので、その利息分をカットすることで月々の返済額を減らすことができます。

利息とは

そもそも利息ってなに?という人のために簡単に説明します。

利息というのは簡単に言うとお金を貸す代わりにカード会社が受け取る利益のことです。

貸した金額をそのまま返してもらっただけではカード会社の利益がありませんので、貸した見返りとしてもらう利益が利息という訳です。

利息と利子は同じ意味です。また、意味合いとしては同じものに年利や金利があります。

利息は単位が額ですが、年利や金利は%となります。

金利は特に記載がなければ年利と同じ意味で、借金額に対して年間に払うことになる利息の割合(%)です。

例えば、10万円を年利15%で1年借りた場合、10万円×15%=1万5千円となり、1万5千円が支払うことになる利息となります。

10万円を1ヵ月(30日)借りた場合、一度1日分の利息を出してから借り入れ日数分かければいいです。

つまり、10万円×15%÷365×30=1,232円となり、一か月後に支払う利息は1,232円となります。

このように借入期間が短いほど支払う利息は少なくなります。

今回は簡単な利息計算をお教えしましたが、実際のカードローンの利息計算は少しややこしくなります。

というのも、毎月、返済によって残った元本に対しての利息計算をするので利息額は毎月少しづつですが減っていくこととなります。

実際の利息総額や支払総額を知りたい場合はネットで簡単に計算できますので調べてみてください。

600万円の借金がある場合

まず最初に、現在600万円の借金があり、それを任意整理せず返していく場合のシミュレーションをしていきたいと思います。(複数社からの借り入れを想定し、金利は18%で計算)

月々の返済額20万円の場合

支払い回数:40回(ヵ月)
支払い総額:8,030,795円
利息:2,030,795円

月々の返済額15万円の場合

支払い回数:62回(ヵ月)
支払総額:9,231,459円
利息:3,231,459円

月々の返済額10万円の場合

支払い回数:155回
支払い総額:15,465,411円
利息:9,465,411円

こうしてみるとわかるのですが、任意整理をせずに600万円の借金を返済しようとすると月々20万円の返済をしたとしても完済までには3年4カ月もかかり、利息総額は約200万円にもなります。

また、月々10万円だと10万円のうち9万円が利息となってしまいます。

返済額に対して利息が占める割合が多いので返しても返しても元本がほとんど減らない状況となり、最終的には借金よりも利息のほうが高くなるという事態に陥ってしまいます。

実はこのような事態は過程の話しではなく、キャッシングをリボ払いにしている人が陥りやすい事態の一つなのです。

リボ払いとは借り入れの金額に関わらず返済額が一定の返済方法です。

分割払いは借りたお金に対して何回払いか決め、回数に対して月々の返済額が変わります。

しかし、リボ払いは10万円借りようが100万円借りようが月々の支払額は変わりません。

その代わり高額の借り入れをしてしまうと返済期間とそれに対しての利息が増えていってしまうのです。

最近ではこのリボ払いによって返済が困難になってしまう人が増えています。

リボ払いが必ずしも悪いという訳ではないですが、利用する際はきちんと検討する必要があります。

600万円の借金を任意整理した場合

任意整理は今後返していくと発生する利息をカットし、返済期間を5年(60ヵ月)に延長します。

もし、現在600万円の借金がある場合、任意整理をすると月々の支払いは、600万円÷60=100,000円となります。

なので、600万円の借金を任意整理すると現在20万円返済している人は月々の支払額が半分になるだけでなく、利息分を約200万円カットできることになります。

また、月々の支払いを10万円にしている人だと月々の支払い額としては変わりませんが、支払い期間が半分以下になり、カットできる利息分は約950万円にもなります。

このように任意整理をすると、月々の支払い額を減らすことが可能です。

また、利息の支払いがなくなりますので任意整理後は返済をそのまま元本の返済に充てることが可能です。

そして、任意整理は裁判所を通さずにできるので弁護士費用が他の債務整理に比べて安く、面倒な書類の用意なども必要ありません。

まとめ

  • 600万円の借金を任意整理しないと月々20万円返済しても3年6ヵ月かかり、利息総額は約200万円
  • 月々の返済が10万円だと返済期間は約12年、利息総額は約950万円にもなる
  • 600万円の借金を任意整理した場合、月々の返済額は10万円で5年返済となる。
  • 実は利息は総額となると意外と支払っている
  • 任意整理後は、返済すべてが元本の返済になる

【千葉】債務整理相談室では
無料相談実施中!!

債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)の無料相談・ご依頼は以下よりお電話・メールにて承っております。メールの場合は24時間受けつけておりますので、お気軽にご利用ください。

電話受付は下の番号をクリック

0120-155-032

受付時間 平日 :9~21時
土日祝:9~18時
※夜間・土日祝相談可
定休日 12月31日~1月3日
※また、大型連休中の休業や臨時休業もございますので、詳細は心グループニュースをご覧ください。
住 所 〒277-0005 千葉県柏市柏4-2-1 リーフスクエア柏ビル3F

債務整理の基礎知識

メニュー

債務整理

任意整理

個人再生

自己破産

過払い金

地方裁判所

運営事務所

弁護士法人心柏法律事務所
〒277-0005
千葉県柏市柏4-2-1
リーフスクエア柏ビル3F

受付時間:平日:9~21時 / 土日祝:9時~18時 
※12月31日~1月3日は除く。また,大型連休中の休業や臨時休業もございます。

© 2020 【千葉】債務整理相談室
弁護士法人心(千葉県弁護士会所属) 代表弁護士 西尾有司