【相談無料】千葉で債務整理経験豊富な弁護士なら【千葉】債務整理相談室

千葉債務整理相談室

運営:弁護士法人心柏法律事務所
〒277-0005 千葉県柏市柏4-2-1 リーフスクエア柏ビル3F

任意整理 個人再生 自己破産 過払い金
千葉

債務整理相談室

運営:弁護士法人心柏法律事務所

0120-155-032 お問い合わせ

受付時間:平日:9時~21時 / 土日祝:9時~18時 
12月31日~1月3日は除く。また大型連休中の休業や臨時休業もございます。

浪費でできた借金は個人再生で減額可能

【千葉】債務整理相談室TOP >  個人再生 >  浪費が原因の借金は個人再生できる?

浪費でできた借金は個人再生で減額可能

  • 「浪費が原因の借金は個人再生できないの?」
  • 「個人再生手続中に浪費をしてしまったらどうなる?」

個人再生とは、借金総額を最大で5分の1まで減額できる債務整理です。

個人再生が認められるためには、いくつかの条件があります。

それでは、自己破産のように、浪費が原因の借金は認められないなど、個人再生でも借金の原因が問われることはあるのでしょうか。

本ページでは、個人再生と浪費の関係性についてご説明します。

個人再生は借金の原因が問われない

個人再生をはじめとする債務整理は、申し立てを行なったからといって必ず認められるわけではありません。

申し立てを行なっても、何らかの理由で認められない可能性があります。

そのため、申し立てを行う前に、債務整理が認められる条件が揃っているのかどうか確認しておく必要があります。

個人再生の場合、申し立てを認めない理由のことを「再生計画の不認可事由」といいます。

代表的な再生計画の不認可事由には、以下のようなものが挙げられます。

<主な再生計画の不認可事由>

  • 再生計画が遂行される見込みがない場合
  • 借金総額が5000万円を超えている場合
  • 支払い総額が最低弁済額より低く設定されている場合
  • 今後の収入に見込みがない場合 など

再生計画の不認可事由には、借金の原因が含まれません。

そのため、競馬やパチンコなどのギャンブル、不必要な買い物などの浪費が原因の借金であっても、それを原因に個人再生が認められないということはありません。

自己破産は借金の理由が問われる

自己破産の申し立てを認めない理由は「免責不許可事由」と呼ばれます。

主な免責不許可事由には以下のようなものがあります。

<主な免責不許可事由>

  • 財産を隠蔽した場合
  • 申し立ての直前にクレジットカードで買い物をし、それを換金した場合
  • 特定のカード会社に偏った返済をした場合
  • 借金の原因がギャンブルなどの浪費であった場合 など

自己破産の免責不許可事由には、借金の原因が含まれます。

借金の原因が競馬・パチンコなどのギャンブルや不必要な買い物などの浪費であった場合、それを理由に自己破産が認められない可能性があります。

しかし、浪費の程度が軽い場合や、あなたの「これからは浪費をせず実直に生活します」という反省の気持ちが裁判官に伝わった場合は、更生の余地があると判断され、自己破産が許されるケースもあります。

そもそも浪費の基準とは?

浪費と一言にいっても、どこから浪費と判断されるのかわからないという方も多いでしょう。

ここで簡単に浪費とはどんなことかについてご説明します。

お金の使い方には消費・投資・浪費の3種類があります。消費とはいわゆる生活費のことで、生活に必要なものに使う出費のことをいいます。

投資とは、株・FX・不動産などに利益を求める目的で資金を出すことです。そして、浪費はそれ以外の出費のことを指します。

浪費の具体例としては、よく挙げられるパチンコ・競馬などのギャンブルの他に、衝動買いなどの不必要な買い物、飲み会などの豪華な食事、海外旅行などの大判振る舞い等が挙げられます。

もちろん、自分の財産の範囲内で浪費をする分には全く問題がありませんが、浪費が原因で借金をして、それが返済できない状態になってしまうと、自己破産ができなくなるケースがあります。

また、自己破産の原因がFX・株などの投資であった場合にも、消費のように生活に必要な出費ではないため、浪費と同じくくりにされ、自己破産が認められないこともあります。

浪費が原因の借金を抱えたら…

浪費を原因とした借金を債務整理しようと思った場合、さまざまな手段を取ることができます。

浪費で多額の借金を抱えてしまった場合には、個人再生で借金を減額し、負担を軽減することもできますし、浪費の程度によっては、自己破産で借金を全額免除できる可能性もあります。

あなたの現状にあった債務整理を行えるよう、まずは弁護士事務所の無料相談など、専門家に相談することをお勧めします。

個人再生手続き中の浪費はなるべくしない

個人再生は浪費が原因の借金にも行うことができます。

しかし、個人再生では認められた後に残りの借金を返済する必要があるため、認められるためには「安定した収入があり、無駄遣いをしていません。

今後きちんと返済していけますよ。」ということを示さなければなりません。そのため、個人再生では、裁判所や再生委員会へ家計の支出のわかる家計簿の提出を求められます。

あなたが個人再生を申し立てたにも関わらず引き続き浪費をしている場合、この家計簿などから裁判所や再生委員の方に知られてしまいます。

個人再生の申し立て中にひどい浪費を行なっていることが知られると、裁判所や再生委員会より指導が入り、最悪の場合、個人再生をして現状の借金状態を緩和する必要性が無いと判断され、個人再生が認められなくなることもあるので、注意しましょう。

まとめ

  • 個人再生はギャンブル・株などの浪費が原因の借金にも行える
  • 自己破産はギャンブル・株などの浪費が原因の借金には認められないことがある
  • ・浪費の程度が軽い場合や、更生の余地がある場合は認められることもある

  • 個人再生手続中に浪費していると、個人再生が認められなくなることもある
  • ・浪費が原因で個人再生を申し立てた場合、裁判所や再生委員に家計簿の提出が求められる
    ・手続後も浪費をしていると、指導が入り、個人再生が認められなくなるケースもある

【千葉】債務整理相談室では
無料相談実施中!!

債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)の無料相談・ご依頼は以下よりお電話・メールにて承っております。メールの場合は24時間受けつけておりますので、お気軽にご利用ください。

電話受付は下の番号をクリック

0120-155-032

受付時間 平日 :9~21時
土日祝:9~18時
※夜間・土日祝相談可
定休日 12月31日~1月3日
※また、大型連休中の休業や臨時休業もございますので、詳細は心グループニュースをご覧ください。
住 所 〒277-0005 千葉県柏市柏4-2-1 リーフスクエア柏ビル3F

債務整理の基礎知識

メニュー

債務整理

任意整理

個人再生

自己破産

過払い金

地方裁判所

運営事務所

弁護士法人心柏法律事務所
〒277-0005
千葉県柏市柏4-2-1
リーフスクエア柏ビル3F

受付時間:平日:9~21時 / 土日祝:9時~18時 
※12月31日~1月3日は除く。また,大型連休中の休業や臨時休業もございます。

© 2020 【千葉】債務整理相談室
弁護士法人心(千葉県弁護士会所属) 代表弁護士 西尾有司