【相談無料】千葉で債務整理経験豊富な弁護士なら【千葉】債務整理相談室

千葉債務整理相談室

運営:弁護士法人心柏法律事務所
〒277-0005 千葉県柏市柏4-2-1 リーフスクエア柏ビル3F

任意整理 個人再生 自己破産 過払い金
千葉

債務整理相談室

運営:弁護士法人心柏法律事務所

0120-155-032 お問い合わせ

受付時間:平日:9時~21時 / 土日祝:9時~18時 
12月31日~1月3日は除く。また大型連休中の休業や臨時休業もございます。

自己破産で車を残せる条件

【千葉】債務整理相談室TOP >  自己破産 >  自己破産すると車は引き上げられる?

自己破産で車を残せる条件

  • 「自己破産すると車は取り上げられる?」
  • 「自己破産しても車を残せる場合があるって本当?」

自己破産すると高額な財産は没収されてしまいます。基本的には車も没収対象となりますが、車は必ずしも没収されてしまう訳ではなく、場合によっては手元に残すことが可能です。

今回は自己破産をしたときに車を残すことができる場合とできない場合について説明していきます。

車のローンが残っている場合は残すことは難しい

自己破産をするときは、たとえ整理したくない借金があったとしてもすべてのカード会社(クレジットカード会社・消費者金融・銀行)を対象としなくてはなりません。

ですので、車のローンが残っている場合、それも自己破産の対象となりますが、基本的に車のローンには所有権留保というものがついていることがほとんどです。

この所有権留保というのは、ローン完済までは車の所有権をカード会社留めておくというもので、なんらかの形で返済が滞った場合、カード会社は車を回収・売却し、そのお金をローンの返済に充てます。

つまり、自己破産をする際に車のローンが完済されていない場合、その車はカード会社によって回収されてしまいますので手元に残すことは難しいです。

自分名義の車じゃなければ残すことができる

自己破産で対象となる財産は自分名義のものだけですので、毎日使用しているものでも名義が自分でない場合、処分対象には含まれません。

しかし、妻名義の車でも妻が専業主婦で収入や資産がなく明らかに夫が購入したものとわかる場合は夫の財産として扱われます。

ちなみに事業用の車でも自分名義であれば没収対象となります。

自己破産前のローン一括返済や名義変更はよくない

ここで注意していただきたいのが、車を残したいからといって自己破産をする直前に車のローンだけ一括返済をしたり、車の名義を他者に変更することは避けましょう。

自己破産には免責不許可事由という規定があり、破産法第252条で規定されている借金を免責できない事由にあたる場合、免責(借金の免除)は許可されません。

自己破産をする直前(支払いが不能になったとき)に特定のカード会社にだけ返済することを偏頗弁済といい、これをしてしまうと免責不許可事由となる可能性があります。車のローンだけ一括返済してしまうとこの偏頗弁済となってしまうので気をつけてください。

また、不当に財産を隠したり減少させてりする行為も免責不許可事由となります。自己破産をする前の車の名義変更はこれに該当するとみなされてしまうため、やめましょう。

ローンが完済している自分名義の車を残すことができるケース

ローンが完済している自分名義の車を手元に残せるか残せないかは裁判所の基準によって変わってきます。

自己破産では、すべての借金が没収されるという訳ではありません。自己破産において手元に残すことができる財産を自由財産といい、無条件で手元に残せるものは99万以下の現金と差押禁止財産(生活に最低限必要なもの、例えば衣類や家財道具、就いている職業上必要なもの)のみです。

車はここには含まれません。しかし、これら以外で今後の生活に必要なもの、例えば銀行の預貯金や退職金、車、保険の解約返戻金などは基準の範囲内であれば自由財産だと認めてもらえる場合があります。

これを自由財産の拡張といいます。自由財産の拡張においては基準が二つあり、どちらの基準が採用されるかは裁判所によって変わってきます。

20万円基準

こちらの基準は、財産の価値が20万円以下だった場合、処分対象としないというものです。なので、車の査定額が20万円以下だった場合、車は没収されません。

99万円基準

こちらの基準は、一つ一つの財産の価値ではなくすべての財産の合計が99万円以下であれば没収対象としないという基準です。

例えば持っている財産が、現金20万円、預貯金30万円、車30万円だった場合、合計が80万円なので、99万円基準を採用している裁判所ではこれらの財産の保有が認められ、車は没収されません。

複数台所有している場合

自分名義の車を複数台持っている場合は裁判所の判断によります。

例えば、車Aが15万円、車Bが20万円だった場合、20万円基準では理屈上どちらも所有が認められることになりますが、必要性が認められなかった場合、両方の車を残すことはできない可能性があります。

その他の車を手元に残す方法

残りのローンを第三者に一括返済してもらう

車のローンが残っている場合、自身がローンの残りを一括返済することは免責不許可事由となりますが、第三者がそれを行う分には問題にはなりません。

しかし、第三者によってローンを一括返済したとしても、その車は自身の財産として扱われてしまうこととなり裁判所の基準を超えてしますと没収されてしまいます。ローンの一括返済を第三者にお願いする前に車の査定額が基準を超えないか確認しておきましょう。

中古車を自己破産後に購入する

自己破産後に手に入れた財産は処分対象になりませんので、自己破産をした後に中古車を購入する分には問題はありません。

自己破産をするとブラックリスト登録となり、自身でのローンの組み立てができませんので、手元に残っている現金で一括購入するか、親族に代わりにローンを組んでもらえれば車を所有することが可能です。

やむを得ない事情がる場合は裁判所に主張する

車の価値が20万円を超えている場合でも、家族の介護のためにどうしても必要であったり、病気のため働くことができず通院のために車が必要であったり、個人のタクシー運転手のように仕事で必ず車を使用するというやむを得ない事情がある場合は裁判所の判断によって車が没収されないこともあり得ます。

そういった場合は申し立ての裁判所窓口に相談しましょう。

これは、よほどの事情でない限りは認められませんので、単に通勤や仕事で必要といった事情では難しいでしょう。

自己破産をすると車は失う?まとめ

  • ローン返済中の車はカード会社によって回収される
  • 自分名義の車でなければ没収対象とはならない
  • ローン完済後の自分名義の車は、車の査定額が20万円以下、またはすべての財産の合計が99万円以下であれば没収されない
  • やむを得ない事情がある場合は裁判所に相談してみる
  • 自己破産後に車を購入することは可能

【千葉】債務整理相談室では
無料相談実施中!!

債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)の無料相談・ご依頼は以下よりお電話・メールにて承っております。メールの場合は24時間受けつけておりますので、お気軽にご利用ください。

電話受付は下の番号をクリック

0120-155-032

受付時間 平日 :9~21時
土日祝:9~18時
※夜間・土日祝相談可
定休日 12月31日~1月3日
※また、大型連休中の休業や臨時休業もございますので、詳細は心グループニュースをご覧ください。
住 所 〒277-0005 千葉県柏市柏4-2-1 リーフスクエア柏ビル3F

債務整理の基礎知識

メニュー

債務整理

任意整理

個人再生

自己破産

過払い金

地方裁判所

運営事務所

弁護士法人心柏法律事務所
〒277-0005
千葉県柏市柏4-2-1
リーフスクエア柏ビル3F

受付時間:平日:9~21時 / 土日祝:9時~18時 
※12月31日~1月3日は除く。また,大型連休中の休業や臨時休業もございます。

© 2020 【千葉】債務整理相談室
弁護士法人心(千葉県弁護士会所属) 代表弁護士 西尾有司