【相談無料】千葉で債務整理経験豊富な弁護士なら【千葉】債務整理相談室

千葉債務整理相談室

運営:弁護士法人心柏法律事務所
〒277-0005 千葉県柏市柏4-2-1 リーフスクエア柏ビル3F

任意整理 個人再生 自己破産 過払い金
千葉

債務整理相談室

運営:弁護士法人心柏法律事務所

0120-155-032 お問い合わせ

受付時間:平日:9時~21時 / 土日祝:9時~18時 
12月31日~1月3日は除く。また大型連休中の休業や臨時休業もございます。

自己破産における銀行口座の凍結と開設に関する注意事項

【千葉】債務整理相談室TOP >  自己破産 >  自己破産すると銀行口座は凍結になる?

自己破産における銀行口座の凍結と開設に関する注意事項

  • 「自己破産をするとお金がおろせなくなるって本当?」
  • 「自己破産は銀行口座になにか影響あるの?」

銀行口座を持っていないという人はほぼいないと思いますが、自己破産をしたことで現行口座に何か影響がある、ましてや銀行口座が使えなくなるなんてことになると困りますよね。

ここでは自己破産をすると銀行口座にどういった影響が出るかについて説明していきます。

自己破産すると銀行口座はどうなる?

自己破産をすると銀行口座に影響がでる場合とでない場合があります。

どのような場合だと影響が出るのか、どういった影響が出るのかを詳しく説明していきます。

銀行からお金を借りている場合その銀行口座は凍結される

銀行から何かしら住宅ローンやカードローンでお金を借りている状態で自己破産をすると、借りていた銀行の口座は凍結されてしまいます。

また、その時に口座に残高があると借金の残高と相殺されてしまい、残高は0円になってしまうのです。

ここでいう凍結とは対象口座からお金を引き出せなくなる、クレジットカードや公共料金の引き落としができなくなることですが、銀行によっては入金もできなくなることがあります。

支店や口座が違っていても、銀行内で情報共有がなされるため、自己破産の対象となった銀行の口座はすべて凍結されます。

また、口座凍結の段階で口座にあった残高は借金の残高と相殺されてしまいますが、その後に振り込まれたお金(給与や年金など)は相殺されず口座に残る形となります。

基本的には口座が凍結されている間はこのお金を引き落とすことはできません。

いつから凍結される?

銀行口座が凍結されるタイミングですが、自己破産をする際に弁護士からカード会社(クレジットカード会社・消費者金融・銀行)に受任通知という“この人は債務整理を始めますよー”と知らせる旨の通知を送るのですが、その受任通知を銀行が受け取った時点で口座は凍結されます。

残高との相殺もこの時点で行われます。

口座が凍結される前に時間が必要な場合は弁護士に相談して受任通知の送付を待ってもらいましょう。

借金がない銀行の口座は凍結されない

いくつか銀行の口座を持っている人は多いと思いますが、自己破産をしたときに口座凍結されるのは借金がある銀行のみです。

例えば三井住友カードローンで借金をしている状態で自己破産をした場合、持っている三井住友銀行の口座はすべて凍結されますが、他にみずほ銀行の口座を持っており、みずほ銀行からお金を借りていなければみずほ銀行の口座が凍結されることはありません。

また、凍結されるのは自分名義の口座だけです。

夫が三井住友銀行の口座を凍結されても妻の三井住友銀行の口座は凍結されません。

口座を凍結される前にしておくこと

口座が凍結されてしまうとお金の引き出しや引き落としができなくなります。

その口座が給与振り込みの口座だった場合には生活にも影響が出てしまいますので、そういったことを避けるため口座が凍結される前に下記のような対策を取りましょう。

銀行口座の預金をすべて引き出しておく

口座が凍結されるときに口座に残高があるとその残高は借金の残高と相殺されてしまいますので、お金はすべて引き出して残高を0円にしておきましょう。

給与や年金の振り込みの口座を変更しておく

自己破産の対象となっている銀行の口座が給与や年金の振り込み先となっている場合、凍結されると振り込まれたお金の引き出しができません。

また、銀行によっては入金もできなくなり、給与振り込み際にエラーとなり、自己破産をしたことが会社にバレてしまう可能性があります。

こういったことを避けるため、自己破産をする前に振込先を変更しておきましょう。

公共料金や家賃の引き落とし先を変更しておく

こちらも銀行口座が凍結されてしまうと引き落としができなくなりますので、引き落とし先口座を変更しておきましょう。

借金がない銀行口座でも借金の口座振替がある場合は注意

その銀行からお金は借りていないが、月々の借金の支払いを口座振替で行っている場合は注意が必要となります。

なぜかというと、自己破産には免責不許可事由という規定があり、破産法第252条で規定されている借金を免責できない事由にあたる場合、免責(借金の免除)が許可されなくなってしまうからです。

その免責不許可事由のひとつに、自己破産をする直前や自己破産手続き中に特定のカード会社にだけ返済することが含まれ、このことを偏頗弁済といいます。

例えば、借り入れをA銀行、B社(カード会社)、C社(カード会社)からしており、C社の月々の支払いをD銀行の口座振替でしていた場合、それぞれが受任通知(債務整理を始めることを知らせる通知)を受け取った時点でA銀行・B社・C社からの請求は一旦ストップし、A銀行の口座は凍結されます。

しかし、口座振替は手続きの都合上、すぐに止まらないことがあり、D銀行からは借金をしていませんのでD銀行の口座は凍結されず引き落としは可能なままです。

この状態でC社への支払いが引き落とされてしまうとC社のみ返済をしたことになってしまうのです。

意図しないものであっても自己破産の手続き中に引き落としがされてしまった場合、偏頗弁済とみなされ自己破産ができなくなってしまう可能性があります。

借金の口座振替に使用している口座の残高は0円にしておきましょう。

口座を凍結されてしまった場合の対応

口座凍結までに対策が間に合わなかった、口座凍結されるのを知らずに凍結されてしまったという場合はいくつかの対応により、対処できる場合があります

凍結が解除されるのを待つ

口座の凍結は時間がたてば解除されます。

どのくらいの期間で解除されるかは、場合によりますが一般的には2カ月程度です。

ただし、銀行によってはそのまま口座を解約しないといけないところもあります。

また、銀行によっては弁護士が交渉して凍結後に振り込まれた給与分だけは窓口での引き出しに応じてくれる場合があるそうです。

どうしても口座凍結の対応が間に合わなかった場合は弁護士に相談してみましょう。

新規で銀行口座を開設する

誤解されていることが多いのですが、自己破産をすると新規のクレジットカード作成やローンの組み立てはできなくなりますが、銀行口座の開設は問題なくできます。

自己破産したことは他の銀行には共有されませんので、他の銀行口座であれば自己破産手続き中でも問題ありません。

自己破産をした銀行ではあなたが自己破産をしたことは社内共有されているので、別支店であっても新規の口座開設ができるかどうかは銀行の判断次第となります。

他に銀行口座を持っていない、持っている口座はすべて凍結されてしまうということであれば新規で銀行口座を開設しましょう。

また、最近ではネットバンクという店舗を持たない形の銀行も多くあります。

ネットバンクですと口座開設で銀行に行く必要がなく、印鑑も必要ありません。

また、多くのネットバンクがデビットカードの発行も可能です。

自己破産をするとクレジットカードが使えなくなりますので、これを機にネットバンクの利用を検討してみるのも良いでしょう。

代表的なネットバンクは楽天銀行やイオン銀行、ジャパンネット銀行などがあります。

自己破産による銀行口座への影響のまとめ

  • 自己破産をすると借金がある銀行の口座は凍結される
  • 口座が凍結されるとお金の引き出し、引き落としができなくなる
  • 借金がない銀行の口座は凍結されない
  • 自己破産をする前に、借金のある銀行口座は残高を0円にしておく
  • 借金の支払いに口座振替を利用している場合は注意が必要
  • 自己破産をしても銀行口座の新規開設はできる

【千葉】債務整理相談室では
無料相談実施中!!

債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)の無料相談・ご依頼は以下よりお電話・メールにて承っております。メールの場合は24時間受けつけておりますので、お気軽にご利用ください。

電話受付は下の番号をクリック

0120-155-032

受付時間 平日 :9~21時
土日祝:9~18時
※夜間・土日祝相談可
定休日 12月31日~1月3日
※また、大型連休中の休業や臨時休業もございますので、詳細は心グループニュースをご覧ください。
住 所 〒277-0005 千葉県柏市柏4-2-1 リーフスクエア柏ビル3F

債務整理の基礎知識

メニュー

債務整理

任意整理

個人再生

自己破産

過払い金

地方裁判所

運営事務所

弁護士法人心柏法律事務所
〒277-0005
千葉県柏市柏4-2-1
リーフスクエア柏ビル3F

受付時間:平日:9~21時 / 土日祝:9時~18時 
※12月31日~1月3日は除く。また,大型連休中の休業や臨時休業もございます。

© 2020 【千葉】債務整理相談室
弁護士法人心(千葉県弁護士会所属) 代表弁護士 西尾有司